【初めての犬】犬が食べると危険な食べ物リスト

Pocket

terracoyyaLogo

 

こんにちは、アコです♪

愛犬が可愛い目をしてテーブルの上のものをおねだりする…日常的に起こりうる光景ですね。そしてその可愛いまなざしに逆らえず、私たちはついつい分け与えてしまいます。しかし、その中に含まれる成分が愛犬に思わぬ問題を引き起こす危険性があります。

今回は、犬が食べてはいけない・または気を付けて食べなければいけない食品について書きたいと思います。


1:犬に与えてはいけない食品
玉ねぎとにんにく

タマネギとニンニクは生はもちろん、粉末であれ、調理されたものであれ決して与えてはいけません。彼らの赤血球を破壊し、貧血を引き起こす可能性があります。誤って一度にたくさん摂取すると中毒を引き起こす可能性があります。脱力感、嘔吐、呼吸困難などの兆候を探します。

キシリトール

犬の血糖値が下がったり、肝不全を引き起こしたりする可能性があります。
使われているもの:
キャンディー、ガム、歯磨き粉、焼き菓子、ダイエット食品などの甘味成分

アボカド

アボカドの成分であるペルシンは、多すぎると犬に嘔吐や下痢を引き起こす可能性があります。またアボカドの種は大きく、誤って飲み込むと胃やのどに詰まる危険性があります。

アルコール

ほんの少しのビール、酒、ワイン、またはアルコールを含む食べ物でも犬にはよくありません。嘔吐、下痢、呼吸障害、昏睡状態に陥る場合もあります。小型犬であればなおさらです。

カフェイン

カフェインは、コーヒーや紅茶以外に、人間用の風邪薬や鎮痛剤にも含まれています。刺激が強く犬には悪影響を与えますので与えないようにしましょう。
使われているもの:ココア、チョコレート、コーラ、エナジードリンク

ブドウとレーズン

少量でも、腎不全を引き起こす可能性があります。初期症状として嘔吐を繰り返します。早めの診断を受けましょう。

マカデミアナッツ

筋肉の震え、嘔吐、高温、後ろ足の脱力などの症状を探します。たとえ少量でも与えてはいけません。マカデミアナッツ入りのチョコレートを食べると、死に至ることさえあります。

Pocket