【避妊・去勢手術】賛成?反対?

Pocket

こんにちは、アコです♪
皆さんの愛犬は、去勢手術を終えていますか?実は我が家のロッキーは、いまだ去勢手術をさせていません。7か月を迎える際に、獣医さんから手術を勧められました。父母に相談したところ、「する必要が出た時にすればいい」「あるものをとってしまうのは自然体ではない」と反対されました。去勢させるか否かは、愛犬の健康を考えるうえで重要な決断だと思います。今回は、去勢はした方が良いという意見と、しない方が良いという意見について検証したいと思います。

 


●避妊・去勢手術はした方が良い

ではそもそも、なぜ去勢手術を勧められるのでしょうか?それには2つ理由があります。

  1. 妊娠させないため
  2. 生殖器系の病気をさせないため

です。愛犬に妊娠をさせる予定はないという飼い主さんは、将来の病気発祥の可能性を考え、去勢される方が多いです。愛犬の老後を考え、今のうちに病気になりそうな芽は取り除いてしまおうという考えです。全身麻酔をかけるため、体に大きな負担がかかります。避妊・去勢すると決めたなら、若いうちがいいでしょう。また、避妊・去勢することにより、恵まれない繁殖を防ぐというメリットもあります。オスの場合はマーキングする回数が減るのも、犬を飼いやすくするメリットに含まれています。


●避妊・去勢手術はさせない方が良い

「生まれながらに備わってきたものを除去する」という発想に違和感を覚える飼い主もいます。正直、手術を受けなくても、病気にならない犬もいます。去勢手術で病気を予防するのはあくまで「保険」です。避妊・去勢をしても、別の病気にかかる場合もあります。人間の都合ではなく、あくまで愛犬の様子を見て、去勢するか否か判断することが何より大切です。獣医さん曰く、去勢手術というのは、簡単なものではなく、かなり緊張するようです。そのため、高齢犬よりも、若い犬の方が手術が楽…という理由で勧められることもあるそうです。その考えに異をうったえ、去勢手術をあえて勧めない獣医さんもいらっしゃいます。去勢手術を受ける際は、通院先の獣医さんの意見をしっかり聞く必要がありますね。
ただし、去勢手術をしていない犬は利用できないという施設もありますので、施設を利用する際は、事前の確認が必要です。


●まとめ

皆さんは、賛成・反対のどちらでしょうか?
愛犬との関係は、飼い主自身が自己責任の元、愛情をかけて育てていくものです。ネットや周りの意見、マジョリティに惑わされることなく、愛犬に合った選択をしてあげることが大切ですね。

Pocket