英語でなんて言う?私の愛犬①

Pocket

こんにちは、アコです♪

今回は、なんと英語の授業!?

英語圏の人に自分の愛犬を紹介したい場合、なんていったらいいんだろう?って戸惑っちゃいますね。でも最低限の英単語さえ覚えていれば、あとは、愛犬が仲人になってくれるはずです!これを機に、わんこの輪を世界に広げましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e784a1e9a18c-22.png

まずは犬種。自分の犬を英語で何というんだろう…って、ちょっと考えますよね。カタカナ英語で通じるのか、そもそも、単語は同じかな?

結論から言うと、ほとんどの犬種は、外国から入ってきた名前がそのまま使われているので、私たちのなじみ深い呼び方でそのまま通じます。ただし、ドイツ語、フランス語から派生した犬種名はその発音が若干異なったり、カタカナ英語だと通じなかった居るすることがありますので、グーグルさんに発音してもらって覚えるといいでしょう(^^♪

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e784a1e9a18c-23.png

音が変わるもの

●ダックスフンド → Dachshund(ダックシャン)

●犬種 → dog breed (ドッグブリード)

●ミックス犬 → mixed breed (ミックスブリード)

●盲導犬 → Guide dog(ガイドドッグ)

●警察犬 → Police dog (ポリスドッグ)覚えやすいですね(^^♪

●保護犬 → Rescued dog(レスキュードゥドッグ)救われた犬という意味です。

●救助犬 → Rescue dog(レスキュードッグ)救う犬という意味です。※保護犬と介助犬は「d」一つの違いなので気を付けた発音したいですね。

●介助犬 → Service dog(サービスドッグ)

●盲導犬 → seeing-eye dog(スィーイングアイドッグ)

●番犬 → guard dog (ガードドッグ)

●野良犬 → stray dog (ストレイドッグ)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e784a1e9a18c-24.png

音が少し変わるもの

●ポメラニアン → Pomeranian(ポメレィニアン)アクセント位置に注意です。

●アフガンハウンド → Afghan Hound(アフギャンハウンド)

●ダルメシアン → Dalmatian(ダルメィシャン)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e784a1e9a18c-25.png

音がほぼ変わらないもの

●柴犬 → Shiba Inu(シバイヌ)変わらない♪

●シェルティ → Sheltie(シェルティ)同じ♪

●チワワ → Chihuahua(チゥワゥワ)「ワ」の発音がちょっと独特になります(^^;

●プードル → Poodle (プードゥル)最後のエルの発音に気を付けたいですね。
※トイプードルは、toy poodle(トイプードゥル)で同じです。
「toy(トイ)」は玩具という意味ですが、ここでは「小さい」という意味で使われています。

●パグ → Pug(パグ)

●マルチーズ → Maltese(マルティーズ)

●シーズー → Shih Tzu (シーズゥー)「ズ」の発音が独特です。

●ラブラドールレトリバー Labrador Retriever (ラブラドールリトゥリヴァ)

●ゴールデンレトリバー Golden Retriever(ゴールディンリトゥリヴァ)

●ボーダーコリー Border Collie(ボーダーコリィ)

●フレンチブルドッグ French Bulldog(フレンチブルドッグ)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e784a1e9a18c-26.png

全犬種は、載せられませんでした、ごめんなさい…涙

でもこんな感じで、アクセント(どの音を強く発音するか)さえ気を付ければ、ほとんどの犬種が、そのままの発音で通じますので、ぜひ英語発音でトライしてみてください。

次回は、英語で愛犬を自己紹介!を書きたいと思います♪

私の英語は、英英語・米英語の区別があまりついてない我流英語ですので、何卒ご参考までに…。

Pocket