犬に服を着せる。賛成?反対?

Pocket

terracoyyaLogo

 

こんにちは、アコです♪

愛犬に服を着せるのは好きですか?また、犬は服を着るのが好きなのでしょうか?犬が服を着るというのは現代になって生まれたブームです。

今回は、犬に服を着せるのはいいのか悪いのか、検証したいと思います。

愛犬にコスチュームや衣装を着せたくなるかもしれませんが、犬に服を着せると、不快感やストレス更には怪我をする可能性があると専門家は警鐘を鳴らしています。

|賛成派

飼い主Aさん (トイプードル:ランちゃん)

トイプードルは寒さに弱い犬種なので、首から腰にかけておおえる服を着せています。ドッグランではトイプードルが多く、正直、自分の犬がどれだか分からなくなる場合もあります。その時に服は大いに役立ちます。

飼い主Bさん (イタリアン・グレートハウンド:トッポくん)

イタグレは短毛で寒さに弱いため、冬は服を着せています。できるだけお尻まで隠れるようオーバーオールの服を選ぶようにしています。イタグレ友達はみんな着せています。イタグレ専用の服サイトもあり、利用している人はたくさんいると思います。

飼い主Cさん (フレンチ・ブルドッグ:まるくん)

寒さに弱い犬種なので、服を着せます。外で遊んだり、走ったり、転がったりするのが好きで、体中が汚れるので、夏場も薄手のTシャツを着せて遊ばせることが多いです。リーズナブルで丸洗いできるものを選んでいます。

飼い主Dさん (ポメラニアン:リリーちゃん)

毛が長いのですが、良く震えているので、寒い日は一日中、服を着せています。服を着せると震えが止まります。また、小型犬用はサイズやデザインが豊富で、選ぶのが楽しいです。

あこ (シェルティ:ロッキー)

換毛期に服を着せることがあります。シャワーした日翌日やドッグカフェ・公共施設などを利用する際に着せます。しかし、ロッキー自身は服が好きではありませんので、必要のないときは脱がせています。

|賛成派意見のまとめ

寒さ対策に着せている人がほとんどですね。確かに日本の冬の寒さは厳しいですから、犬も寒さを感じているかもしれません。また換毛期の落毛を防ぐのにも服は役立ってくれています。


|反対派

飼い主Eさん (シェルティ:はるくん)

抜け毛が気になるので服を着せていましたが、こすれて、逆に毛がたくさん抜け、肌を痛める結果となりました。犬は自然体でいるのが一番です。

飼い主Fさん (柴犬:バンくん)

犬に服を着せるのは好きではありません。もともと犬は自分の体毛で温度調節をします。寒さに弱い犬は、人間の都合のいいように品種改良するから生まれたものです。見ていてとてもかわいそうです。

飼い主Gさん (ゴールデンレトリバー:ももちゃん)

換毛期や、外ではしゃぐときは、できれば着せたいのですが、大型犬用は、可愛い服がとにかく売ってません><あと、似合わないです(笑)。悲しいですが、服を着せるのは、小型犬だけの楽しみなんでしょうね。

犬を飼っていないHさん

犬を人間みたいに扱って、服を着せたり、カートに乗せたりする光景を見るようになって、とても変に感じます。時代なんですね~。

あこ (シェルティ:ロッキー)

もともとオオカミだった犬は、自分の力で暖をとるすべを知っています。また、人間の体感温度とはまるで違い、ある程度の寒さを心地よくも感じます。私たちが寒いから、犬もきっと寒いだろう…とか、私がドレスアップするから犬もオシャレしたいだろう…とかいった、人間サイドの目で見るのは良くないと思います。その服が犬にとってどんな効果をもたらすかをよく考えて着せるべきです。

|反対派意見のまとめ

犬は本来の姿でいるのがいい!という伝統的な考え方が多いですね。また、アレルギーがあったり、そもそも着れれるサイズが売られていないという問題もあるようです。


|まとめ

犬に服を着せるか否かは、本当にいろいろな理由があり賛否両論です。私自身、賛成・反対のどちらにも、意見を書いてしまいました…(^^; すみません。

服を選ぶ際は、愛犬と服の相性が肝心です。材料に注意し、犬に負担がないかを確認する必要があります。まれではありますが、飼い主Eさんの愛犬のように、アレルギーを持つ犬は皮膚に異常をきたすことがあります。

今日、可愛くて魅力的な犬用の服がたくさん売られています。ただし、購入する際は、飼い主のエゴに走らず、本当にそれが必要なのかを犬の立場になって考えてあげることが大切ですね。

Pocket