【犬の行動】照明はつけて出かけた方が良い?

Pocket

terracoyyaLogo

 

こんにちは、アコです♪

皆さんは、外出時、犬のために照明をつけていきますか?真っ暗な中で待っている愛犬を可哀そうにも思いますか?そもそも、犬は照明をどう思っているのでしょうか?

今回は、犬にとって照明とはどんなものなのかについて書きたいと思います。


犬は暗闇を嫌う?

人間はとかく、ペットは暗闇を恐れると考えがちです。そのため、外出時には、照明をつけて行ったり、テレビをつけて行ったりして、不安や寂しさをなくしてあげようとします。

しかし犬が本当に恐れているのは暗闇ではなく「音」なのです。暗闇の中で安心した空間が続けば、逆に犬は暗闇を好むようになります。
もし、毎日の留守番で、暗くなる時間帯に外の騒音が強くなる経験を繰り返すと、同時に暗闇を怖がるようになる傾向があります。
犬は暗闇に対して、人間よりも優れた視力を持っています。また、家の構図を記憶しているため、暗い中でも慣れた家の中を歩くくらい、造作もありません。

照明はつけたままの方が良い?

この質問に対する確固たる答えはありません。愛犬の生活習慣から判断してあげる必要があります。ただし、オオカミはもともと夜行性です。照明をつけたままにした、常に明るい部屋では、犬の睡眠パターンを妨げることになるかもしれません。照明をつけておく場合は、部屋の一部にする・弱いライトにする…などの配慮が必要です。


徐々に暗くなるようにする

いきなり明るくなったり、いきなり暗くなったりするのは、犬だけでなくどの動物にも健康に良くありません。太陽の傾きで、だんだんと部屋が暗くなるような時間帯のお留守番でしたら、照明をつけずに出かけることをそれほど心配する必要はないでしょう。犬が明るさに応じて自分の視力を調節します。

Pocket