犬は歯周病になりやすい!|デンタルケアが重要|

Pocket

犬のデンタルケア

 

こんにちは、アコです♪

犬は口内の形状から、特に奥歯が歯周病になりやすい動物です。日頃からケアしないと、すぐに茶色くなってしまい、口臭がします。舐められると臭い!となってからでは遅いです。また、すでに口臭がする、茶色くなってきている、という犬でも、今後のケアで奇麗な歯を取り戻すことができますので、ぜひ今日からデンタルケアを始めましょう!

今回は、デンタルケア方法3パターンをお伝えします。


1歯ブラシ

犬用の歯磨き粉が売られていますので、それを使って歯ブラシをしてあげます。リーフの味、チキンの味…など、犬が好む味になっていて、手ごろな値段で売られています。ブラシは人間用で大丈夫ですが、できるだけヘッドの小さいものを選んであげるようにしましょう。奥歯まで届き、細かく磨くことができます。また、シリコン製の指歯ブラシが売られていますので、歯ブラシが苦手なようであれば、こちらを利用するのもいいでしょう。

 

 

 


2デンタルケアガム

歯ブラシが苦手な犬には、ガムが有効です。「デンタルケア」とか「史跡予防」という用語がパッケージに書かれているものを選びましょう。ガムを与えることで、歯間の汚れや詰まり物を除去することができます。

 


3ジェル・パウダー

舐めさせたり、ご飯に振りかけたりして、歯周病を予防する商品です。歯をコーティングする役割を果たし、汚れがつきにくい歯を作ります。歯磨きが苦手な場合は、こちらを活用するのもいいでしょう。

 

 

 


<まとめ>

一度ついてしまうとなかなか取り除けない、歯の汚れや歯石。あまりにひどいと、動物病院に行って処理してもらわなければいけません。歯は愛犬の健康のバロメーターでもあります。日頃のちょっとしたケアが愛犬を守ることにつながりますので、デンタルケアを習慣化するようにしましょう。なお、高級な商品が最良!というわけではありません。毎日のことですので、お財布に無理のない範囲で、賢く行いたいものですね。

Pocket