【初めての犬】マナーを守らない飼い主に出会ったらどうする?

Pocket

 

こんにちは、アコです♪

犬がペットとして飼われだして久しく、その歴史の中で、犬は、「社会の一員」として、その存在を認め始めるようになってきました。

公共交通機関、カフェやショッピングセンターなどの施設、総合住宅など、多くの場所で、ペット同伴の利用が容認されるようになってきています。しかし、それには、決められたルールを守らなければなりません。愛犬家として、これらのルールをしっかり守るのは、社会の一員として暮らすための義務です。残念ながら、一部には、決まりを守らない飼い主がいるのも事実です。もちろん、私自身、ついルールを忘れてしまったり、守れていなかったり、失敗を繰り返してしまうことがあり、「人の振り見て我が振り直せ」で、日々勉強です。

今回は自分への戒めもかねて、ルールを守ることの大切さについて書きたいと思います。


守るべきルールとは
♦公共の場では、必ずリードを着ける。

「私の犬は大丈夫」「しっかりしつけがなされている」と自信ありげに、リードなしで犬を散歩さしている飼い主がいます。100%言うことを聞く犬、絶対服従の犬には、リードがいらないのでしょうか?

答えはNoです。

リードというのは、犬の動きを制御するためのものだけではありません。
「リード着用」の意味は、犬を怖がる人や苦手な人に、不快な思いを与えないためにするものでもあるのです。犬を知らない人にとっては、リードを着けていない犬は、恐ろしい存在に映っていることでしょう。実際に私の友達がそうです。どんなに小さな犬でも、リードが外されていると、怖くて近くを通りたくないと言います。犬を飼っている人には到底理解できない心境かもしれませんが、でもこういう方たちがいるのは紛れもない事実です。

しっかりルールを守っている愛犬家からすると、リードなしで犬を連れている飼い主を、常識のない人、または自己中心的な人ととらえることでしょう。そして、そういう人たちのせいで、ルールを守る愛犬家までその施設を利用できなくなる危険性があるのです。

仮に、愛犬が、他の犬に吠えてしまったり、飛びついてしまったりしたとしても、それは「犬が本能的にしてしまうこと」であり、仕方のないことです。そこで、しっかりとリードをしていれば、飼い主がその犬の動きを制御できるわけです。他の人の迷惑にならないように公共の場ではリードを着ける…これは犬を飼うにあたり、絶対的に必要なことです。

♦排泄物の処理は飼い主がする。

どんなにペット大歓迎と謳っている施設でも、愛犬の排泄物は必ず飼い主が処理すべきです。決して道端におざなりにしたり、公衆トイレに流したりすることのないようにしましょう。誰も見ていないから…と、そのままにしてしまう飼い主がいます。しかし、そういうときこそ、必ず誰かが見ているものです。そして、それが通報されれば、他の飼い主にも迷惑が掛かります。もし、近所で「茶色い柴犬の飼い主がこの前そこで排泄物をそのままにして帰った」とうわさが流れれば、他の茶色い柴犬を飼っている飼い主みんなが、そういう目で見られ始めてしまうのです。排泄物は必ず家に持ち帰り、自宅で処理しましょう。とにかく「自分だけは大丈夫」という気持ちを持つのは危険です。

♦他人の犬の写真や動画を勝手に撮らない。

愛犬がされたら嫌であるように、相手も、自分の犬を勝手に撮影されるのを快くは思わないでしょう。とはいえ、ドッグランやドッグカフェのように犬がたくさん集まる場所での撮影は、どんなに気を付けていても、他の犬がレンズに入ってしまう場合があります。それらの写真をSNSにアップする場合、相手に一言断りを入れるか、背景をぼかすなどして、誰の犬か特定できないように配慮しましょう。

守らない飼い主にどう接するべきか
♦直接注意するのは避ける。

常識外の行動をとっている人への勧告は、ペット問題にかかわらず、細心の注意を払って行う必要があります。できれば直接言うのではなく、その施設の管理事務所などに報告したり相談したりするのがいいでしょう。自分も同じように犬を飼っていて迷惑をしているという旨を伝えれば、ペット全面禁止になるような事態を防ぐことができます。

♦近寄らない。

「愛犬の身は、自分で守る」、この信念で行動することが大切です。

  • カメラを構えている人のフレームに入らないように犬を移動させる。
  • 公共の場でリードをしていない犬を見かけたら、近くを通らないようにする。
  • 散歩時間をずらす。
  • 断り文句を考えておく。
    「写真はちょっとごめんなさい」「すみません、やめてください」など、簡単な言葉で伝えられる一言を用意しておく。

…などの対策をとりましょう。


|まとめ

愛犬家は、その正義感から、ルールを守らない人を見ると、正義感から、私が注意しなくちゃ!と思いがちですが、もし一緒に愛犬がいる場合は、犬に害が被らないよう、カッとならず冷静に対処するようにしましょう。また、そういう人を見かけた時は、逆に自分はちゃんとルールを守れているのかを見直すのも大事ですね。(自分に言い聞かせるアコとロッキーでした…w)

Pocket