【初めての犬】なぜ犬は股間のニオイを嗅ぐの?

Pocket

 

こんにちは、アコです♪

突然ですが、自分の愛犬が、股間のニオイを嗅いできたらどうしますか?普通は恥ずかしくて、こら!と注意してしまいますよね。実は、犬が股間のニオイを嗅ぐのには大切な理由があるのです!

今回は、犬はなぜ股間のニオイを嗅ぐのか、また、それをやめさせるにはどうしたらいいかについて書きたいと思います。

犬が股間のニオイを嗅ぐ理由

犬は、ニオイから様々な情報をしています。

哺乳類は、その多くが、汗腺(アポクリン腺)を持っています。
この汗腺(アポクリン腺)とは、皮膚にあって、汗を出す管状の腺のことで、そこからはフェロモンも出ています。そして、そのフェロモンは、年齢や性別、気分、哺乳類かどうか、交尾できるかどうか…など、さまざまな種類の情報を伝えています。
犬は、全身に、この汗腺(アポクリン腺)がありますが、性器と肛門に最も集中しているため、去勢・避妊手術を行っていない犬の場合、出会ってすぐに、お互いのお尻を嗅ぐ習性があります。

また、犬が特に興味を持つヒトのニオイは、

  • 最近性交した人
  • 月経中の人
  • 最近出産した人

です。これらの人々は、通常よりも高いレベルのフェロモンを出しているからです。犬は、嗅ぎなれているはずの飼い主のニオイがいつもと違うので、その理由を知ろうとして、ニオイを嗅ぎます。また、下着には、飼い主のニオイがするので、犬が洗濯物を荒らしたり、下着を盗んだりすることが多いのは、このためかもしれません。

フェロモンのニオイを嗅ぐ犬の能力は素晴らしく、排卵したばかりの牛を嗅ぐように訓練されたオーストラリアンシェパードが、排卵した牛のニオイを嗅ぎわけ、繁殖のタイミングを計るのに貢献したという実例があります。
とはいえ、犬が人間の排卵を検出できることはまだ明確に証明されてはいませんが、少なくとも飼い主の変化を感知することはできます。このことから、排卵を検出する犬の能力は、卵巣癌を嗅ぎ分けるのにも役立つ可能性があると言われています。

このように、犬は、股間の匂いを嗅ぐことで、相手の情報をつかもうとしています。ブラッドハウンドやビーグル犬などの猟犬は、その習性から、特に股間のニオイを嗅ぐことが多いとされています。

股間を嗅ぐのをやめさせたい

いくら愛犬とはいえ、股間のニオイを嗅がれるのは、あまり気持ちのいいものではありませんね。特に来客があったときなどは、愛犬には控えてほしいものです。

そんなときの臨時対処法としては以下の3つがあげられます。

  1. 客が来たらお座りをさせる。
  2. おもちゃやおやつを与えて、ニオイから気を紛らわす。
  3. 客には、犬が自分の股間に近づかないよう、手のひらを使ってあらかじめ阻止する。

これらは、本当に臨時の対処法です。なぜなら、ニオイへの好奇心は、犬にとって大変重要なもので、完全にやめさせることはできないからです。飼い主は、愛犬を叱ったり、嗅ぐ行為をやめさせようと躍起になったりしてはいけません。好奇心とうまく付き合う方法を愛犬と一緒に考えてあげてください。

Pocket